Class Index | File Index

Classes


Class LPCXpresso1769.Pin


Defined in: LPCXpresso1769.Pin.js.

Class Summary
Constructor Attributes Constructor Name and Description
 
LPCXpresso1769.Pin(i_mcu, i_pin, i_opt)
LPCXPresso1769.Pin (Pin)クラスのコンストラクタ。 ピン識別子を元に、MCUに関連付けたPinインスタンスを生成する。 Pinクラスは、MCUの物理ピン単位に、操作インタフェイスを定義する。 クラスは、1ピンのポートとして実装する。
Method Summary
Method Attributes Method Name and Description
 
setOpt(i_opt)
ピンにオプションパラメータをセットする。 関数は、物理ピンのレジスタに、i_optで与えられる値を設定する。 関数は、レジスタの位置に合わせてパラメータ値を自動的にシフトする。
Class Detail
LPCXpresso1769.Pin(i_mcu, i_pin, i_opt)
LPCXPresso1769.Pin (Pin)クラスのコンストラクタ。 ピン識別子を元に、MCUに関連付けたPinインスタンスを生成する。 Pinクラスは、MCUの物理ピン単位に、操作インタフェイスを定義する。 クラスは、1ピンのポートとして実装する。
//create pin instance at P0[0]
var mcu=new LPCXpresso1769.Mcu(“192.168.0.39”);
var pin=new LPCXpresso1769.Pin(mcu,LPCXpresso.P0[0]);
Parameters:
{object as LPCXpresso1769.Mcu} i_mcu
インスタンスを結びつけるMcuオブジェクト。
{object as ピン識別子} i_pin
生成するピンのピン識別子。
{object as associative array} i_opt
インスタンス生成と同時にsetOpt関数で設定する値。省略時は無視する。 詳細はsetOpt関数を参照。 このクラスは、上位クラスへピンの基本的な操作機能を提供する為のものであり、ユーザが直接使用することは(あまり)ない。 この関数は、MiMicの管理しているピン(ENET_?)も操作することが出来るが、操作してしまうとMiMicRemoteMcuとのコネクションが破壊されるので、注意すること。
Method Detail
setOpt(i_opt)
ピンにオプションパラメータをセットする。 関数は、物理ピンのレジスタに、i_optで与えられる値を設定する。 関数は、レジスタの位置に合わせてパラメータ値を自動的にシフトする。
//set GPIO,mode=1,open drain=0
var mcu=new LPCXpresso1769.Mcu(“192.168.0.39”);
var pin=new LPCXpresso1769.Pin(mcu,LPCXpresso.P2[3]);
pin.setOpt({sel:0,mode:1,od:0});
Parameters:
{object as associative array} i_opt
ピンコンフィグレーションのパラメタである。必要な値を格納した連想配列で指定する。 全ての値を省略することは出来ない。連想配列のメンバは以下の通り。
{sel,mode,od}
  • sel:int - 2bitのint値。 PINSEL? レジスタに指定する値。UM10360 Chapter8.LPC17xx Pin connect block を参照。
  • mode:int - 1bitのint値。PINMODE? レジスタに指定する値。UM10360 Chapter8.LPC17xx Pin connect block を参照。
  • od:int - 1bitのbit値 PINMODE_OD? レジスタに指定する値。UM10360 Chapter8.LPC17xx Pin connect block を参照。

Documentation generated by JsDoc Toolkit 2.4.0 on Wed Nov 30 2011 15:13:09 GMT+0900 (JST)