Class Index | File Index

Classes


Class LPCXpresso1769.GpioPort


Defined in: LPCXpresso1769.Gpio.js.

Class Summary
Constructor Attributes Constructor Name and Description
 
LPCXpresso1769.GpioPort(i_gpio, i_pins, i_opt)
LPCXPresso1769.GpioPort (GpioPort)クラスのコンストラクタ。複数のGPIOピンを一括して操作する、パラレルポート等に使用する。 Gpioペリフェラルオブジェクトに、ピン識別子の配列で指定されたピン集合を関連付けて、GPIO機能を持つポートを生成する。 関数は、ピン識別子を元に、そのピンがGPIO機能に接続できるかを調べる。全てのピンにGPIO機能を割り当てられない場合、例外が発生する。どのピンにGPIO機能が割り当てられるかは、MCUのスペックシートを参照すること。
Method Summary
Method Attributes Method Name and Description
 
ポートの入力状態を返す。 値は、nビットの整数値である。nは、ポートを構成するピン数である。 この関数は、directionを0(input)に設定したポートで使用できる。outputに設定したピンには使用できない。
 
outPatt(i_val_array)
直列化された値パターンを出力する。 ポートに連続した値パターンを出力するときに使用する。 出力速度はMCU依存であり、コントロールできない。 この関数は、directionを1(output)に設定したポートで使用できる。inputに設定したピンには使用できない。
 
setOpt(i_opt)
Gpioポートにオプション値を設定する。  関数は、ポートを構成する全てのピンに、同一なオプション値を設定する。 設定可能な値は、LPCXpresso1769.GpioPin#setOptと同じである。
 
setValue(i_val)
ポートの出力状態を設定する。 値は、nビットの整数値で指定する。nは、ポートを構成するピン数である。 この関数は、directionを1(output)に設定したポートで使用できる。inputに設定したピンには使用できない。
Class Detail
LPCXpresso1769.GpioPort(i_gpio, i_pins, i_opt)
LPCXPresso1769.GpioPort (GpioPort)クラスのコンストラクタ。複数のGPIOピンを一括して操作する、パラレルポート等に使用する。 Gpioペリフェラルオブジェクトに、ピン識別子の配列で指定されたピン集合を関連付けて、GPIO機能を持つポートを生成する。 関数は、ピン識別子を元に、そのピンがGPIO機能に接続できるかを調べる。全てのピンにGPIO機能を割り当てられない場合、例外が発生する。どのピンにGPIO機能が割り当てられるかは、MCUのスペックシートを参照すること。
//create [AD0.0,AD0.1]
var mcu=new LPCXpresso1769.Mcu(“192.168.0.39”);
var gpio=new LPCXpresso1769.Gpio(mcu);
var port=new LPCXpresso1769.GpioPort(adc,[LPCXpresso1769.P0[0],LPCXpresso1769.P0[1]]);
Parameters:
{object as LPCXpresso1769.Gpio} i_gpio
インスタンスを結びつけるGpioオブジェクト。
{array[pin識別子]} i_pins
ピン識別子の配列。指定できるのは、LPCXpresso1796.P?[?]である。順番は、このインスタンスの返す値の順序に影響する。 0番目のピンはビット0に対応する。同様に、1番目のピンはビット1に対応する。 組み合わせるピンは、同じ物理ポートに所属している必要がある。例えば、GPIO0.0とGPIO0.1は組み合わせられるが、GPIO0.0とGPIO1.1は組み合わせることが出来ない。
{object as associative array} i_opt
setOpt関数のi_optに渡すパラメタである。省略可能。省略時は{pin:{sel:auto}}を設定する。 autoは、関数が自動的に決定するPINSELの値である。詳細はsetOpt関数を参照。
Method Detail
{int} getValue()
ポートの入力状態を返す。 値は、nビットの整数値である。nは、ポートを構成するピン数である。 この関数は、directionを0(input)に設定したポートで使用できる。outputに設定したピンには使用できない。
//show P0[0] value
var mcu=new LPCXpresso1769.Mcu("192.168.0.39");
var port=mcu.getPort([LPCXpresso1769.P0[0],LPCXpresso1769.P0[1]],"GPIO");
port.setOpt({dir:0,pin:{mode:0,od:0}});
alert(port.getValue());
Returns:
{int} nビットの整数値。ビット数は、このポートを構成するピンの数に一致する。2ビットのポートを構成したときに1,1の入力があると、0x03が返る。

outPatt(i_val_array)
直列化された値パターンを出力する。 ポートに連続した値パターンを出力するときに使用する。 出力速度はMCU依存であり、コントロールできない。 この関数は、directionを1(output)に設定したポートで使用できる。inputに設定したピンには使用できない。
//output  0x01,0x02 to P0[0]+P0[1]
var mcu=new LPCXpresso1769.Mcu("192.168.0.39");
var port=mcu.getPin([LPCXpresso1769.P0[0],LPCXpresso1769.P0[1]],"GPIO");
port.setOpt({dir:1,pin:{mode:1,od:0}});
port.outPatt([0x01,0x02]);
Parameters:
{array[int]} i_val_array
ビットパターンの配列。nビットの値(0 or 1)の配列を指定する。最大数は20である。ビット数は、このポートを構成するピンの数に一致する。 [3,0,3,0]の場合、0,3,0,3の順に、パターンを出力する。

setOpt(i_opt)
Gpioポートにオプション値を設定する。  関数は、ポートを構成する全てのピンに、同一なオプション値を設定する。 設定可能な値は、LPCXpresso1769.GpioPin#setOptと同じである。
Parameters:
{object as associative array} i_opt
LPCXpresso1769.GpioPin#setOptを参照。

setValue(i_val)
ポートの出力状態を設定する。 値は、nビットの整数値で指定する。nは、ポートを構成するピン数である。 この関数は、directionを1(output)に設定したポートで使用できる。inputに設定したピンには使用できない。
//set P0[0] pin to “on”. If LED was connected pin it will turn on.
var mcu=new LPCXpresso1769.Mcu("192.168.0.39");
port=mcu.getPort([LPCXpresso1769.P0[0],LPCXpresso1769.P0[1]],"GPIO");
port.setOpt({dir:1,pin:{mode:1,od:0}});
port.setValue(0x3);
Parameters:
{int} i_val
nビットの出力値。ビット数は、このポートを構成するピンの数に一致する。2ビットのポートを構成したときに0x03を指定すると、2本のピンがON状態になる。

Documentation generated by JsDoc Toolkit 2.4.0 on Wed Nov 30 2011 15:13:08 GMT+0900 (JST)