Class Index | File Index

Classes


Class LPCXpresso1769.Adc


Defined in: LPCXpresso1769.Adc.js.

Class Summary
Constructor Attributes Constructor Name and Description
 
LPCXpresso1769.Adc(i_mcu, i_opt)
LPCXPresso1769.Adc (Adc)クラスのコンストラクタ。 MCUに関連付けしたADペリフェラルを生成する。 ADペリフェラルは、MCUのADCペリフェラル全体を管理する。 関数は、ADCRレジスタのPDN,BURSTを1にセットする。 ADCペリフェラルはバーストモードで動作し、サンプリングレートは200KHz固定である。取得タイミングの制御はハードウェア依存である。
Method Summary
Method Attributes Method Name and Description
 
getPin(i_pin, i_opt)
AD機能を持つピンを取得する。 ピン識別子で指定されるピンをADペリフェラルと結合して、AdcPinを生成する。 関数は、AdcPinオブジェクトのコンストラクタをコールして、AdcPinを生成する。失敗すると、例外をスローする。 生成ルールについての詳細は、AdcPinを参照。
 
getPort(i_pin, i_opt)
AD機能を持つポート(Pin集合)を取得する。 ピン識別子で指定されるピンのセットをADペリフェラルと結合して、AdcPortを生成する。 関数は、AdcPortのコンストラクタをコールする。 生成ルールについては、AdcPort関数を参照すること。
 
setOpt(i_opt)
ADCペリフェラルに、i_optのオプション値を設定する。
Class Detail
LPCXpresso1769.Adc(i_mcu, i_opt)
LPCXPresso1769.Adc (Adc)クラスのコンストラクタ。 MCUに関連付けしたADペリフェラルを生成する。 ADペリフェラルは、MCUのADCペリフェラル全体を管理する。 関数は、ADCRレジスタのPDN,BURSTを1にセットする。 ADCペリフェラルはバーストモードで動作し、サンプリングレートは200KHz固定である。取得タイミングの制御はハードウェア依存である。
//create AD (logical)pheripheral
var mcu=new LPCXpresso1769.Mcu(“192.168.0.39”);
var ad=new LPCXpresso1769.Adc(mcu);
Parameters:
{object as LPCXpresso1769.Mcu} i_mcu
インスタンスを結びつけるMcuオブジェクト。
{object as associative array} i_opt
インスタンス生成と同時にsetOpt関数で設定する値。省略時は、{phl:{power:1}}とみなす。 詳細はsetOpt関数を参照。
Method Detail
{object as LPCXpresso1769.AdcPin} getPin(i_pin, i_opt)
AD機能を持つピンを取得する。 ピン識別子で指定されるピンをADペリフェラルと結合して、AdcPinを生成する。 関数は、AdcPinオブジェクトのコンストラクタをコールして、AdcPinを生成する。失敗すると、例外をスローする。 生成ルールについての詳細は、AdcPinを参照。
//create AdcPin
var mcu=new LPCXpresso1769.Mcu("192.168.0.39");
var adc=new LPCXpresso1769.Adc(mcu);
var adpin=adc.getPin(LPCXpresso1769.P0[23]);
Parameters:
{object as ピン識別子} i_pin
AD機能を割り当てるPINの識別子である。値は、LPCXpresso1769.Pn[m]のメンバ変数である。
{object as associative array} i_opt
AdcPinのコンストラクタに渡すオプション値。省略時はundefinedである。詳細はLPCXpresso1769.AdcPin.setOptを参照。
Returns:
{object as LPCXpresso1769.AdcPin} LPCXpresso1769.AdcPinクラスのオブジェクトである。

{object as LPCXpresso1769.AdcPort} getPort(i_pin, i_opt)
AD機能を持つポート(Pin集合)を取得する。 ピン識別子で指定されるピンのセットをADペリフェラルと結合して、AdcPortを生成する。 関数は、AdcPortのコンストラクタをコールする。 生成ルールについては、AdcPort関数を参照すること。
//create 2AdcPort that has 2 pins.
var mcu=new LPCXpresso1769.Mcu("192.168.0.39");
var adc=new LPCXpresso1769.Adc(mcu);
var port=adc.getPort([LPCXpresso1769.P0[23],LPCXpresso1769.P0[24]]);
Parameters:
{array[ピン識別子]} i_pin
AD機能を割り当てるPINの識別子の配列である。値は、LPCXpresso1769.Pn[m]のメンバ変数である。
{object as associative array} i_opt
AdcPortのコンストラクタに渡すオプション値。省略時はundefinedである。詳細はLPCXpresso1769.AdcPort.setOptを参照。
Returns:
{object as LPCXpresso1769.AdcPort} LPCXpresso1769.AdcPortクラスのオブジェクトである。

setOpt(i_opt)
ADCペリフェラルに、i_optのオプション値を設定する。
//AD power on/off
//create AD (logical)pheripheral
var mcu=new LPCXpresso1769.Mcu(“192.168.0.39”);
var ad=new LPCXpresso1769.Adc(mcu);
ad.setOpt(phl:{power:0});
Parameters:
{object as associative array} i_opt
ADCペリフェラルのコンフィグレーションパラメタである。必要な値を格納した連想配列で指定する。 全ての値を省略することは出来ない。連想配列のメンバは以下の通り。
{phl:object as associative array}
  • phl - LPCXpresso1769.Peripheral#setOpt関数のi_optに渡すパラメタである。

Documentation generated by JsDoc Toolkit 2.4.0 on Wed Nov 30 2011 15:13:07 GMT+0900 (JST)