Class Index | File Index

Classes


Class mbedJS.Mcu


Defined in: mbed.Mcu.js.

Class Summary
Constructor Attributes Constructor Name and Description
 
mbedJS.Mcu(i_url, i_handler)
mbedJSを搭載したmbedに接続したインスタンスを生成します。 Mcuオブジェクトは、他のペリフェラルクラスをインスタンス化するときに必要です。
Method Summary
Method Attributes Method Name and Description
 
RPCを切断します。関数の完了時にonCloseイベントが発生します。 Generatorモードの時は、yieldと併用して完了を待機できます。
 
指定idのオブジェクトをMCUのメモリから削除します。
 
Mcuの情報を返します。
 
エラー状態であるかを返します。 Generatorモードの場合に、定期実行してインスタンスの状態をチェックできます。 falseの場合、下位のオブジェクトでyieldロックが発生している場合があります。
 
rpc(m, p, c)
RPCメソッドを実行します。
 
コールバック関数を全てキャンセルして、Mcuとの接続をシャットダウンします。 この関数は即座に完了します。
 
Generatorモードのときに使用する関数です。 Generatorモードの時は、yieldと併用してnew Mcu()の完了を待ちます。
Class Detail
mbedJS.Mcu(i_url, i_handler)
mbedJSを搭載したmbedに接続したインスタンスを生成します。 Mcuオブジェクトは、他のペリフェラルクラスをインスタンス化するときに必要です。
//Callback
var mcu=new mbedJS.Mcu("192.168.128.39",
{
  onNew:function(){
    mcu.getInfo();
  },
  onGetInfo:function(v){
    log("[PASS]onGetInfo:"+v.version+","+v.platform+","+v.mcu.name+","+v.mcu.eth+","+v.memory.free);
    var pin=new mbedJS.DigitalIn(mcu,mbedJS.PinName.P0_22,{
      onNew:function(){
        mcu.disposeObject(pin._oid);
      }});
  },
  onDisposeObject:function(v){
    mcu.close();
  },
  onClose:function(){
  },
  onError:function(){
    alert("Error");
  }
});
//Generator
var g=function*(){
try{
  var mcu=new mbedJS.Mcu("192.168.128.39",g);
  yield mcu.waitForNew();
  yield mcu.close();
}catch(e){
  mcu.shutdown();
}
}();
g.next();
Parameters:
{string} i_url
接続先のMiMicRPCサービスのアドレスを指定します。 ws://プレフィクスが付いた場合はそのURLに接続します。wsプレフィクスがない場合は、ws://{i_url}/rpcに接続します。
{HashMap|Generator} i_handler
非同期イベントの共通ハンドラの連想配列,Generator,個別コールバック関数の何れかを指定します。

{HashMap} 非同期イベントの共通イベントハンドラです。

  • {function()} onNew - インスタンスが使用可能になった時に呼び出されます。
  • {function()} onClose - Close関数のコールバック関数です。
  • {function()} onError - 何らかの異常で通信を継続できないエラーが発生し、コネクションを維持できない時に発生します。 このイベントが発生するとコネクションは閉じられれます。
  • {function(v)} onDisposeObject disposeObject関数が完了したときに呼び出されます。 vは削除に成功したかの真偽値です。
  • {function(v)} onGetInfo onGetInfo関数が完了したときに呼び出されます。 vは戻り値を格納した複合連想配列です。 {version,platform,mcu:{name,eth},memory:{free}}

{Generator} Generatorを指定した場合、コールバック関数の戻り値はyiledの戻り値として取得できます。

Returns:
{mbedJS.Mcu}
Method Detail
close()
RPCを切断します。関数の完了時にonCloseイベントが発生します。 Generatorモードの時は、yieldと併用して完了を待機できます。

{boolean} disposeObject(i_oid)
指定idのオブジェクトをMCUのメモリから削除します。
Parameters:
{int} i_oid
オブジェクトID。 mbedJSオブジェクトが所有するリモートオブジェクトのIDを指定します。
Returns:
{boolean} 結果を返します。

{HashMap} getInfo()
Mcuの情報を返します。
Returns:
{HashMap} 情報を格納した連想配列です。

{boolean} hasError()
エラー状態であるかを返します。 Generatorモードの場合に、定期実行してインスタンスの状態をチェックできます。 falseの場合、下位のオブジェクトでyieldロックが発生している場合があります。
Returns:
{boolean} true - インスタンスはエラー状態で停止中です。使用できません。 false - インスタンスは動作中です。使用可能です。

{int} rpc(m, p, c)
RPCメソッドを実行します。
Parameters:
{string} m
メソッド名です。
{string} p
パラメータ部の文字列です。JSONオブジェクトの配列を記述します。 配列の要素はプリミティブ型である必要があります。
{function(json)} c
RPCが完了したときに呼び出すコールバック関数です。
  • json - 戻り値をJSON文字列としてパースしたObjectです。
Returns:
{int} メソッドのid値を返します。

shutdown()
コールバック関数を全てキャンセルして、Mcuとの接続をシャットダウンします。 この関数は即座に完了します。

waitForNew()
Generatorモードのときに使用する関数です。 Generatorモードの時は、yieldと併用してnew Mcu()の完了を待ちます。

Documentation generated by JsDoc Toolkit 2.4.0 on Fri Sep 12 2014 09:40:44 GMT+0900 (JST)