Class Index | File Index

Classes


Class mbedJS.MMA7660


Defined in: MMA7660.js.

Class Summary
Constructor Attributes Constructor Name and Description
 
mbedJS.MMA7660(i_parent, i_params, i_handler)
MMA7660を制御するクラスです。 mbed::MMA7660と同等の機能を持ちます。
Field Summary
Field Attributes Field Name and Description
 
関数の返す定数値です。
 
関数の返す定数値です。
 
関数の返す定数値です。
 
関数の返す定数値です。
 
関数の返す定数値です。
 
関数の返す定数値です。
 
Up
関数の返す定数値です。
Method Summary
Method Attributes Method Name and Description
 
dispose(i_callback)
インスタンスの確保しているオブジェクトを破棄します。 関数の完了時にonDispose,又はコールバック関数でイベントを通知します。 コンストラクタでGeneratorを指定した場合、yieldと併用して完了を待機できます。
 
getOrientation(i_callback)
getOrientation相当の関数です。 関数の完了時にonGetOrientation,又はコールバック関数でイベントを通知します。 コンストラクタでGeneratorを指定した場合、yieldと併用して完了を待機できます。
 
getSide(i_callback)
getSide相当の関数です。 関数の完了時にonGetSide,又はコールバック関数でイベントを通知します。 コンストラクタでGeneratorを指定した場合、yieldと併用して完了を待機できます。
 
onReadData_int(i_callback)
readData_int相当の関数です。 関数の完了時にonReadData_int,又はコールバック関数でイベントを通知します。 コンストラクタでGeneratorを指定した場合、yieldと併用して完了を待機できます。
 
readData(i_callback)
readData相当の関数です。 関数の完了時にonReadData,又はコールバック関数でイベントを通知します。 コンストラクタでGeneratorを指定した場合、yieldと併用して完了を待機できます。
 
setActive(i_callback, is_active)
setActive相当の関数です。 関数の完了時にonSetActive,又はコールバック関数でイベントを通知します。 コンストラクタでGeneratorを指定した場合、yieldと併用して完了を待機できます。
 
setSampleRate(i_callback, i_samplerate)
setSampleRate相当の関数です。 関数の完了時にonSetSampleRate,又はコールバック関数でイベントを通知します。 コンストラクタでGeneratorを指定した場合、yieldと併用して完了を待機できます。
 
コンストラクタでi_handlerにGeneratorを指定した場合のみ使用できます。 yieldと併用してコンストラクタの完了を待ちます。
Class Detail
mbedJS.MMA7660(i_parent, i_params, i_handler)
MMA7660を制御するクラスです。 mbed::MMA7660と同等の機能を持ちます。
//Callback
//Generator
//Callback hell
Parameters:
{mbedJS.I2C|mbedJS.MCU} i_parent
インスタンスをバインドするオブジェクトです。MCUの場合はI2Cバスを占有します。
{[addr:int]|[addr:int|sda:PinName|scl:PinName]} i_params
mbedJS.I2Cの場合はI2Cアドレスを指定します。mbedJS.MCUの場合はI2C address,sda,sclの順番で指定します。
{HashMap|Generator|function} i_handler
非同期イベントの共通ハンドラの連想配列,Generator,個別コールバック関数の何れかを指定します。

{HashMap} 非同期イベントの共通イベントハンドラです。関数の引数retは各関数の戻り値です。

  • onNew:function() - コンストラクタが完了し、インスタンスが使用可能になった時に呼び出されます。
  • onDispose:function() - disposeの完了時に呼び出されます。
  • onSetSampleRate() - setSampleRateの完了時に呼び出されます。
  • onGetSide(ret) -getSideの完了時に呼び出されます。
  • onGetOrientation(ret) -getOrientationの完了時に呼び出されます。
  • onReadData(ret) -readDataの完了時に呼び出されます。
  • onReadData_int(ret) -readData_intの完了時に呼び出されます。

{function} コールバック関数を指定した場合、RPCが完了したときにonNew相当のコールバック関数が呼び出されます。 メンバ関数のイベントハンドラは個別に設定してください。

Returns:
{mbedJS.MMA7660}
Field Detail
Back
関数の返す定数値です。

Down
関数の返す定数値です。

Front
関数の返す定数値です。

Left
関数の返す定数値です。

Right
関数の返す定数値です。

Unknown
関数の返す定数値です。

Up
関数の返す定数値です。
Method Detail
dispose(i_callback)
インスタンスの確保しているオブジェクトを破棄します。 関数の完了時にonDispose,又はコールバック関数でイベントを通知します。 コンストラクタでGeneratorを指定した場合、yieldと併用して完了を待機できます。
Parameters:
{function()} i_callback
省略可能です。関数の完了通知を受け取るコールバック関数を指定します。関数の引数には、return値が入ります。 省略時は、コンストラクタに指定した共通イベントハンドラが呼び出されます。

{int} getOrientation(i_callback)
getOrientation相当の関数です。 関数の完了時にonGetOrientation,又はコールバック関数でイベントを通知します。 コンストラクタでGeneratorを指定した場合、yieldと併用して完了を待機できます。
Parameters:
{function(return)} i_callback
省略可能です。関数の完了通知を受け取るコールバック関数を指定します。関数の引数には、return値が入ります。 省略時はコンストラクタに指定した共通イベントハンドラが呼び出されます。
Returns:
{int} mbedJS.MMA7660#Left,Right,Top,Bottom,Unknownの何れかを返します。 戻り値は、コールバック関数、共通コールバック関数、又はyield returnの何れかで返します。

{int} getSide(i_callback)
getSide相当の関数です。 関数の完了時にonGetSide,又はコールバック関数でイベントを通知します。 コンストラクタでGeneratorを指定した場合、yieldと併用して完了を待機できます。
Parameters:
{function(return)} i_callback
省略可能です。関数の完了通知を受け取るコールバック関数を指定します。関数の引数には、return値が入ります。 省略時はコンストラクタに指定した共通イベントハンドラが呼び出されます。
Returns:
{int} mbedJS.MMA7660#Front,Back,Unknownの何れかを返します。 戻り値は、コールバック関数、共通コールバック関数、又はyield returnの何れかで返します。

{int[]} onReadData_int(i_callback)
readData_int相当の関数です。 関数の完了時にonReadData_int,又はコールバック関数でイベントを通知します。 コンストラクタでGeneratorを指定した場合、yieldと併用して完了を待機できます。
Parameters:
{function(return)} i_callback
省略可能です。関数の完了通知を受け取るコールバック関数を指定します。関数の引数には、return値が入ります。 省略時はコンストラクタに指定した共通イベントハンドラが呼び出されます。
Returns:
{int[]} センサの出力値を要素数3の配列で返します。 戻り値は、コールバック関数、共通コールバック関数、又はyield returnの何れかで返します。

{float[]} readData(i_callback)
readData相当の関数です。 関数の完了時にonReadData,又はコールバック関数でイベントを通知します。 コンストラクタでGeneratorを指定した場合、yieldと併用して完了を待機できます。
Parameters:
{function(return)} i_callback
省略可能です。関数の完了通知を受け取るコールバック関数を指定します。関数の引数には、return値が入ります。 省略時はコンストラクタに指定した共通イベントハンドラが呼び出されます。
Returns:
{float[]} センサの出力値を要素数3の配列で返します。 戻り値は、コールバック関数、共通コールバック関数、又はyield returnの何れかで返します。

setActive(i_callback, is_active)
setActive相当の関数です。 関数の完了時にonSetActive,又はコールバック関数でイベントを通知します。 コンストラクタでGeneratorを指定した場合、yieldと併用して完了を待機できます。
Parameters:
{function(return)} i_callback
省略可能です。関数の完了通知を受け取るコールバック関数を指定します。関数の引数には、return値が入ります。 省略時はコンストラクタに指定した共通イベントハンドラが呼び出されます。
{bool} is_active
センサの状態を設定します。

setSampleRate(i_callback, i_samplerate)
setSampleRate相当の関数です。 関数の完了時にonSetSampleRate,又はコールバック関数でイベントを通知します。 コンストラクタでGeneratorを指定した場合、yieldと併用して完了を待機できます。
Parameters:
{function(return)} i_callback
省略可能です。関数の完了通知を受け取るコールバック関数を指定します。関数の引数には、return値が入ります。 省略時はコンストラクタに指定した共通イベントハンドラが呼び出されます。
{int} i_samplerate
サンプルレート(hz)を指定します。120,64,32,16,8,4,2,1の何れかの値が有効です。

waitForNew()
コンストラクタでi_handlerにGeneratorを指定した場合のみ使用できます。 yieldと併用してコンストラクタの完了を待ちます。

Documentation generated by JsDoc Toolkit 2.4.0 on Mon Oct 20 2014 12:21:28 GMT+0900 (JST)